【使ってわかった!リメリーの口コミの凄さ】その驚くべき効果とは

振り回されないホルモンとの正しい付き合い方

 

 

イチゴ鼻の原因のひとつとして考えられる、女性ホルモンの乱れ。

 

女性ホルモンは月経で毎月変動して妊娠では急激に増え、更年期には減少します。

 

バランスを崩してしまうと肌荒れやPMSなど心身に影響が及んで、不妊や病気につながることもあります。

 

それゆえに注目される女性ホルモンですが、他のホルモンとの関連性を理解して、どう生活するかが美しさと若さのキーポイントになります。

 

 

知っておくべきホルモンの種類とその相互関係について

 

人間の体には約100種類のホルモンがあるといわれ、体の恒常性を保つために互いのにバックアップしながら、発達、免疫、修復、血圧や血糖値、食欲、性欲、妊娠まで、体の機能をコントロールします。

 

司令塔である脳が必要と判断すると臓器に指令を送って、主にコレステロールを材料に各臓器から分泌されます。

 

アンチエイジングで覚えておきたいのは、女性ホルモンだけではなく、年齢とともに量が減る成長ホルモン、副腎皮質ホルモン、そして男性ホルモンです。

 

特に副腎からつくられるDHEAは女性ホルモンのもとにもなるので、副腎を守るケアも大切になります。

 

 

女性ホルモン

卵胞刺激ホルモン(FSH)

脳下垂体から分泌して卵巣に刺激を与えて卵胞の成長を促します。

 

月経周期によって正常値が変化しますが、値が高い場合は卵巣機能の低下、低い場合は排卵障害の可能性も考えられます。

 

 

黄体形成ホルモン(LH)

脳下垂体から分泌して成熟した卵胞を刺激して排卵を促します。

 

子宮内膜の維持に必要なプロゲステロンの形成を促進する役割もあります。

 

月経周期で正常値が変化します。更年期は数値が急上昇します。

 

 

エストロゲン

卵巣から分泌される卵胞ホルモンになります。

 

妊娠しやすい環境や女らしい体をつくるほか、血流を促して自律神経を整えて、記憶力・集中力にも関与してきます。

 

骨密度を保ち、肌や髪の潤い・ハリ・ツヤを維持するなど美容にも大きく貢献してくれます。

 

過剰だと乳がんや子宮がんなどのリスクも・・・。

 

20〜30代をピークに減少して40代後半から激減します。

 

更年期以降は微量ながらDHEAから変換されます。

 

 

プロゲステロン

卵巣から分泌される黄体ホルモンになります。

 

受精卵を着床させるために子宮内膜を整えるなど、妊娠と妊娠の維持が本来の目的です。

 

基礎体温をあげて乳腺の発達、食欲増進、体内の水分も守ってくれます。

 

プロゲステロンの多い黄体期にはむくみや頭痛などPMSが症状が出る事もあります。

 

無月経や排卵異常で数値が低下して卵巣機能が衰えると分泌量は減少します。

 

慢性疲労やうつ症状にも関わってきます。

 

 

成長ホルモン

脳下垂体から分泌されるホルモンになります。

 

20歳前後までは身長を伸ばし骨や筋肉の発達にも作用します。

 

それ以降は細胞の修復や再生、代謝というメンテナンスの役割を担います。

 

25歳をピークに急激に減少します。

 

筋肉運動で増加して睡眠の最初の深い眠り約3時間に大量分泌するので、運動と睡眠が重要になります。

 

 

副腎皮質ホルモン(DHEA)

副腎ではコルチゾールやアドレナリンなど50種類以上のホルモンがつくられていて、そのひとつのDHEAは必要に応じて性ホルモンにも変換される、マザーホルモン。

 

ストレスがかかると血糖値や血圧を上げるためにコルチゾールが分泌されて、同時に大量の活性酵素が発生します。

 

その火消しとして働くのがDHEAになります。

 

免疫力アップや疫病予防、メンタルコントロールにも役立つ抗ストレスホルモンでもあります。

 

過剰なストレスが蓄積されるとDHEAの働きが追いつかなくなって疲労感や気力の低下、不眠、頭痛などの副腎疲労の症状が起こります。

 

 

男性ホルモン(テストステロン)

男性は精巣でつくられますが、女性は副腎と卵巣から少量を分泌します。

 

筋肉量、活動性、記憶力に影響して、減少すると気力や性欲が低下します。

 

更年期などでエストロゲンが減ると男性ホルモン優位になるので体毛が濃くなる、ニキビ、薄毛などのおじさん化のリスクもあります。

 

 

ホルモンバランスが整う生活習慣とは・・・。

 

月経不順やPMS、不妊や更年期症状など女性ホルモンが関わる悩みは、まずは信頼できる婦人科を探すことになります。

 

日常生活に支障をきたす不調にはピルやホルモン補充療法などもありますが、そうなる前にホルモンバランスを崩す生活を見直して、セルフケアを取り入れましょう。

 

極端なストレスはコルチゾールを増やしてホルモンバランスを崩します。呼吸、食事、睡眠に、科学的根拠に基づくフィトテラピーの力を借りて、総合的に対策を。

 

ホルモンは臓器だけでつくられるものではなく脳が関係しているので感情も影響が大きいです。

 

@呼吸

強いストレスが体にかかると呼吸が浅くなり、副腎からコルチゾールが出ます。

 

出過ぎると体を守るために生理が止まってしまう場合もあります。

 

手っ取り早く簡単なのが、セロトニン呼吸法になります。

 

姿勢を整えたら、軽く吸って口から思い切り吐いて、頭がぼわっとするまではききりましょう。

 

軽い瞑想状態になってコルチゾールを抑えるセロトニンが活性します。

 

思考のクセが変わって、「まぁいいか!」と思えるようになります。

 

 

A食べ物

女性に重要なのは、細胞膜のもととなる良質の油になります。

 

ホルモン生成のもとでもあるので、油抜きダイエットは不妊のリスクも考えられます。

 

不飽和脂肪酸であるオメガ3(魚由来のDHAやEPA、亜麻仁油、エゴマ油など)とオメガ6(ごま油、大豆油など)の組み合わせを夜の食事を摂るようにしましょう。

 

また、炭水化物=糖質は女性ホルモンには必要なので、日本人の体質に合うお米で食べることが大切です。

 

ヘム鉄と亜鉛、抗酸化のビタミンCとEはセットで摂取するといいです。

 

 

Bハーブ

脳下垂体に働きかけ黄体形成ホルモンを増加させる「チェストベリー」は不妊、PMSに。

 

プロゲステロンと似た働きがある「メリッサ」は、植物性トランキライザーとも呼ばれ、ストレスホルモンも抑制します。

 

エストロゲンに似た作用があるのは「ブラックコホシュ」になります。

 

これらに抗酸化力が高く体を温める「赤ブドウの葉」や、老化防止の「高麗人参」や「イチョウ葉」などを組み合わせてもいいですね。

 

 

C睡眠

朝に光を浴びてから14から15時間後に睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されます。

 

副交感神経が優位になるので、その時間になったらテレビやスマホなど目に強い光を当てないようにして、成長ホルモンが出やすい深い眠りに入りたいところです。

 

考えすぎの不眠には「バレリアン」で脳の中枢に働きかけて眠りへと誘導しましょう。

 

ただし、運転前や睡眠薬、アルコールとの併用は厳禁です。

 

心拍を整える「ホーソン」、不安を抑えリラックスさせる「パッションフラワー」も眠りを助けてくれます。